これさえあれば大丈夫!!理系大学生のリュックの中身を紹介します

スポンサーリンク
管理者

【経歴】大学3年(理系) / 塾講師歴2年 / 基本情報技術者 / 統計検定2級/TOEIC勉強中
【活動歴】2022年2月ブログ開始
受験生に向けて『勉強法』や『大学生活』などを発信しています!!

kotaroをフォローする

リュックの中身に何を入れているのか。

1度は気になったことがあると思います。

この記事では理系大学生が常に持ち歩いているリュックの中身を紹介しています。

常に入れている必需品

リュック

僕はCalvin Kleinのリュックを使用しています。

選ぶときの基準は機能性ただ1つです!

僕がシュックを選ぶ際に絶対に気にする要素は以下の4つです。

・自立機能
・背面ポケット
・サイドポケット
・フロントポケットの数

それに加えて次のあったら嬉しい要素として以下の2つです。

・長時間使っても方が痛くない
・通気性、耐久性、防水性の良い素材

リュックは大学生活ではほぼ毎日使用するものです。

そのため、少し値段が高くても機能面を十分に考慮して買うことをオススメします。

財布

キャッシュレスで払うことが多いのでほとんどカード入れとして使っている感覚です。

僕は中学3年生からずっと同じCOACHの折りたたみ式財布を使用し続けています。

最近ではカードレスでアプリ決済にしようとしているためますます財布の必要性がなくなってきています(笑)。

そのため、財布はガマ口財布でいいのでは? とうっすら感じています。

ノートパソコン &タブレット

大学生であれば文理関係なくノートPCを持ち歩くと思います。

僕の場合は授業資料は全てPDFにしてタブレットに保存しているので大学に行く際はタブレットも必須アイテムです。

ペーパーレスになるだけでなく、クラウド機能(アップルの場合はiCloud)を使用することでデータを一元管理できるので授業課題をできるだけ早く終えて自分の時間作ることができます。

メガネ

大学やカフェで長時間パソコンを使用すると目の疲労が溜まってしまうので、僕は長時間パソコンを使用する際はブルーライトカット機能のあるメガネを使用するようにしています。

マスクをすると曇ってしまうので、帰り道に裸眼になってしまうのがたまにネックです。。。

さて、

メガネについてのの話に戻りますが、
リュックと同様に長期的に使用するものなので機能面を重要視して少し高価な高性能のものを買っておくことをオススメします。

予備充電器&各種接続端子

理系大学生ということもあり、常に予備充電器だけでなく接続端子を4つほど持ち歩いています(笑)。

大学の発表やゼミで使用することがあるので持ち歩いていますが、必要がない方は予備充電器と接続コードがあれば十分でしょう。

また、
消えたら大変なデータなどもUSBメモリに保管して保管しておくか、常に持ち歩いていた方が良いでしょう!

小説

電車の中やちょっとした隙間時間に時間を潰すのにちょうど良いです。

携帯でゲームやSNSなどに無駄な生産性のない時間を使うのであれば小説を読んでいた方が良いです。

僕の場合は、自分の興味のある分野の新書か気になる映画の小説版を読んでいます。

最近は「余命10年」を読みました。

小物品

乾燥肌なので常に保湿する道具を持ち歩いています。

大体、以下の3つです。

目薬
リップ
ワックス兼ハンドクリーム

最近、ワックス兼ハンドクリームというものを知って即買いして愛用しています。

ベタつきがないので、髪をまとめてくれて、髪の毛を保護してくれます。
乾燥しているときにはハンドクリームとしても使えるので秋頃から春先までは必須アイテムです!

あると便利な道具

筆記用具

筆箱は持ち歩かない主義なのであえて筆記用具と書きました。

筆箱はそれだけで幅を取りリュックから一々出すという手間があるので、サイドポケットやフロントポケットにペンを入れてすぐに取り出せるようにしています。

基本的に黒・赤・青・付箋があれば直線・波線・波線を使って大抵のことはできます。

カード入れ

キャッシュレスによってカードの数が増えているので財布とは別にしてカード入れを用意しておいた方が良いでしょう。

使用頻度に合わせて財布かカード入れかを分けておくことをオススメします。

僕の場合は財布に、

学生証等の身分証
使用頻度の高いクレカ
本屋のポイントカード

この3つを入れています。

キーケース

鍵は無くすと色々と面倒が増えます。

キーケースにまとめて安全なところに保管しておくことが良いでしょう。

僕は、バックポケットに財布・キーケース・カード入れを入れていつでも確認できるようにしているので安心です。

クリアファイル

僕は基本的に電子化してクラウドで管理していますが、時々ゼミや授業で書類配布があるのでクリアファイルは持ち歩いています。

また、理系であれば授業で計算を行うことも多々あります。
そのときに、裏紙や白紙の紙があると便利なのでクリアファイルにA4やB5の紙を常備しておくこともオススメです。

勉強道具

試験や資格の勉強に合わせて勉強道具を常に入れておくと隙間時間をうまく活用することができます。

特に、
単語帳や暗記系のものは常に持ち歩いていた方が時間を無駄にすることがないのでオススメです!

水筒

毎日の通学で飲み物にかかるお金は意外と大きいです。
1日一本としても3000~5000円の出費は抑えたいところです。

特に夏場の飲み物への消費量は大きいので500mLの水筒をリュックの横に入れておくことがおすすめです。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました