理系大学生が【垢抜けるために習慣化したこと】5選

スポンサーリンク
管理者

【経歴】大学3年(理系) / 塾講師歴2年 / 基本情報技術者 / 統計検定2級/TOEIC勉強中
【活動歴】2022年2月ブログ開始
受験生に向けて『勉強法』や『大学生活』などを発信しています!!

kotaroをフォローする

「継続は力なり」とはよく言われますね。
正直、僕は少し前までこの言葉が嫌いでした(笑)。

何のためにこんなことしてるんだ。
こんな辛いことを続けて何のためになるんだ。

と本気で思っていたからです。
こう思っている人がいたらこの記事はかなり参考になると思います。

今では、大学受験という1つの習慣的行いにより成功体験を収めることができたおかげで、習慣化(というより習慣化したことによる効果)の重要性を誰よりも感じています。

そんな僕が「習慣化」している5つのことを紹介していきます。

どれも簡単にお金をかけずに取り組める習慣ばかりです。この習慣を自分のものにして理想の自分に一歩近付きましょう!!


また、習慣化のための秘訣は別の記事で紹介しているので合わせて読んで習慣化を身に付けてください!

◎ 記事の目次

  1. 習慣化したこと5選
    1. 外見に気を使う
    2. 次の日の予定を立てる
    3. ものの選び方を決める
    4. 勉強をする
    5. 筋トレをする

1, 習慣化したこと5選

ここでは、僕が実際に行なっている5つ習慣の効果や必要性について紹介していきます。

その1, 外見に気を使う
その2, 次の日の予定を立てる
その3, ものの選び方を決める
その4, 勉強をする
その5, 筋トレをする

その1, 外見に気を使う

外見は人と会うときに必ず見られます。
特に、顔と髪の毛は清潔感があるだけでかなりの好印象を持たれます。

特に僕の場合は肌が弱く剃刀負けや乾燥でニキビや肌荒れを起こしていました。


お風呂上がりと起床後の洗顔の後に化粧水と乳液とヘアオイルは欠かしません。もはやこれは3年以上1日も欠かさず続けているので何も考えずに流れ作業となっています。

また、冬場はヘアワックスを軽く全体に付けておくことで表面が保護されて外出時の日差しや乾燥などによるダメージを減らすことができるのでオススメです!

その2, 次の日の予定を立てる

別の記事で紹介していますが、

習慣化の最大の目的は、
パターン化して無意識で行えるようになるようにすることです。

ある物事をこなしている最中に別のことに意識が向くと、今まで行なっていた物事に対する集中力が戻るまで20分かかると言われています。


この後何しよう。今日中に後何をすればいいのか。なんてことをその都度その都度考えて行動しては時間がもったいない上に無駄が多いです。

そこで、前日中に、次の日にやることを書き出して順序化します。また、それを携帯やメモとして手元に保管しておきます。

そうすることで、
無駄な思考や記憶という作業を省けてより生産的なことに時間を割くことができるようになります!

その3, ものの選び方

買い物をする上で必要だけど興味がないもの。僕の場合は、靴下や下着などです。


このようなものは毎朝選んでいる時間がもったいないので、色を統一して買うことを意識しています。そうすることで選ぶ手間がなくなります。

逆に、多用するものに関しては色々な機能面を重視して自分生活習慣や部屋の配置などに適してたものを選びます。

そうすることで、
選ぶ際は多少時間がかかっても長期的には圧倒的に時間が効率化します。

その4, 勉強をする

知識を持っておくことは自分の選択肢の幅の広さと同意義だと思っています。


つまり、知っていることや出来る能力が多ければ多いほどチャレンジできる幅が広いということです。

僕は現在(2/12)大学の春休みなのですが、英語・ブログ・webサイトの3つを同時に勉強しています。これも元々は大学受験で英語を勉強したこと。そして、大学でプログラミングを学んだことで興味を持ち自分で勉強をしているものです。

特に言語に関しては毎日触れていないと忘れてしまういすぐにレベルが落ちてしまうので、僕はどんなに忙しくても1日30分の英会話レッスンは必ずやるようにしています!

興味のあるものであればなんでも良いので、自分なりにより深く調べて興味の幅を広げましょう!

その5, 筋トレをする

筋トレはそれ自体に効果がありますが、
習慣化して継続することでその効果をより高めることができます。

筋トレの具体的な効果として、

自信がつく
生活習慣が整う
姿勢が良くなり集中力が増す

筋肉が付くことで自己肯定感が高まり、自信が付くことは知っている人も多いかもしれませんが、他にも、 生活習慣によって異なりますが筋トレを行う時間帯や筋トレの内容によってももちろん効果は様々です。

時間帯を意識することで、睡眠の質が向上したり目覚めがスッキリすることがあります。


また、腰回りや背中を鍛えたり体幹を鍛えることによって姿勢がよくなり結果として集中力が向上します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました